電報を利用するときには文字数を気にしてみよう

人生の中で今まで電報を利用したことがないといった人もいると思います。電報は普段の生活の中では馴染みの無い物かもしれませんが、結婚式や葬式の時に送ることがあります。電報を送ることになったけど料金の事が良く分からないと感じてしまう人は沢山います。電報サービスを行っている業者はいくつかありますが、料金の設定は業者ごとにすべて違いがあるため、どこを選べばいいのか分からなくなります。

電報を送る時の料金設定に関しては、文字数によって料金が上がるものと、文字数での料金変化の無い物があります。NTTは基本的に25文字を基本とし、それ以上の文字数になると増えた分だけ料金が上がっていきます。他の業者の中には文字数の上限が決められていて台紙の料金のみ支払うことで電報を送れるところもあります。

NTTのように台紙料金に文字数の料金を合計した電報と文字数は決められているけど台紙のみの料金の電報、どちらがお得になるのかは送る文字数にによって変化します。まずは電報で送る時のメッセージが一体どのくらいの文字数になるのかを調べてみましょう。そして文字数ごとに一番お得になりそうなサービスを見つけてみると電報を効果的に利用することができますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>